リネンサプライ千葉事業所 ホテル駐在 石毛 卓馬 総合職 2014年4月入社

ホテル駐在は、様々なセクションとのパイプ役になるバランサー

世界に誇る五つ星ホテルの駐在として活躍する石毛卓馬。2014年に総合職採用で入社して以来、ホテル駐在としてホテルとクリーニングスタッフの間に立ち、ゲストを迎える空間づくりの一端を担っています。ホテル従業員の方から預けられる大量のコックコートをどのようにクリーニングすればいいのかを、即時にジャッジするために、日々知識を深めるための勉強を怠りません。そんな石毛が「ホテル駐在は経営者だ」と表現する、ホテル駐在の仕事について語りました。

ホテルの空間づくりはきれいなリネン品から

私たちホテル駐在は、ホテルで使用されるタオルやシーツなどのリネン品管理やゲストのご要望に応じた新商品の提案を行っています。ホテルのゲストに直接お会いすることはありませんが、私たちが仕上げたリネン品は、ゲストが快適に過ごす空間づくりの1ピースです。また、クライアントが白洋舍に期待してくださっているパフォーマンスを発揮しつつ、収益管理や品質について責任を持つことが責務となっています。

イメージ1

リーディングカンパニーで営業がしたく興味を持った

イメージ2

就職活動時に条件にしていたことは、営業ができる会社でした。いくつか会社を受けていく中で、営業をするのであれば、「自社に自信を持てることが大事なのではないか?」と気づき、クリーニング業界のリーディングカンパニーである白洋舍に興味を持ちました。また、会社説明会に参加した際に、会社が掲げる奉仕の精神や人事部のスタッフの温かい対応に心が惹かれ、この会社で営業をしたいと感じました。

ルーティンとイレギュラー両方の対応が求められる

基本的な仕事は、工場技術者が仕上げてくれたリネン品の管理や確認。必要なものの発注業務に加え、ホテル従業員の方からお預かりする洗濯物のクリーニング方法について、ジャッジをして次工程に送ることなどです。ホテル駐在のスケジュールは、決まった仕事を決まったようにこなすルーティンワークと、お客さまからきた突発的なイレギュラーワークの2種類に対応しなければなりません。

ある日のスケジュール

円形図

円形テキスト

イメージ3

プライベートの過ごし方

帰宅後は読書や映画鑑賞が主な趣味です。
通勤中、電車の中で資格取得のために
本などを読むことが多いです。

ホテル従業員と協力して乗り越える仕事の数々

ホテルの従業員の方から突然「どうしてもきれいにしなくてはいけない」というリネン品が送られてきました。そのとき「これは白洋舍じゃなきゃできない」と言っていただき、ホテルの方にもお力添えいただき無事きれいにすることができました。その時言っていただいた「ありがとう」の言葉が今でも自分の中に残っていて、常に「気持ちいい」と感じてもらう仕事をする活力になっています。それ以降ホテルの行事などにも招待してくださるようになり、コミュニケーション面でも順調です。

イメージ4

「これは洗えます」と自信を持って答えるための資格取得

ホテル駐在は、常に持ち込まれる洗濯物に対して、洗えるか洗えないかをジャッジする力が必要です。その目を持つためにも、幅広い知識が必要で、たくさんの資格を持っていることは武器になります。私はクリーニング師と防火防災管理責任者という国家資格を取得していますが、白洋舍ではこうした資格を取得するためのサポートが盤石です。例えば、レンタルビジネスライセンス制度。これは指定の資格を取ると給与に反映される制度です。また、受験や講習のための時間の確保等は会社が率先して行ってくれるため、勉強に集中することができます。

どこでも活躍できる人間にしてくれた白洋舍

経営力(マネジメント力)がついた マルチな能力がついた

ホテル駐在は、視点を変えると経営者みたいな仕事だと思います。お金や物、時間や人の管理を行うため、必然的に全体を観るチカラを養うことができたと思います。また、クリーニングの業界、ホテルの業界それぞれを深く体験することができるので、忙しさはあるにせよ、得る物は大きく様々なことに対応できるマルチな人間になれました。今では人間力、忍耐力、コミュニケーション力、経営感覚という能力が長所となりました。

後輩に一言

自分が思ったことははっきりと伝える。
あとは、まず行動。自分に合っていることを探すより自分が興味のあることを探して、チャレンジしましょう。自分に合っている仕事はおのずとついてきます。

先輩写真

エントリーはこちら

トップに戻る